メイン画像

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 072-360-4470
営業時間 AM10:00 ~ PM20:00

変形性膝関節症

photo

膝関節の変形性関節症のことです。 変形性膝関節症では、関節軟骨(骨の表面を覆っている軟骨)の摩耗が起こっています。 関節軟骨が薄くなることで、骨と骨が直接ぶつかるようになるため、通常よりも大きな摩擦が生じるようになります。 それに伴い、炎症反応が生じ、それが痛みの原因となったりします。

炎症反応によって、関節内に水が貯まったりもします。 組織の変性は関節軟骨にのみ生じるのではありません。半月板や関節包、靱帯なども変性の対象です。

症状は膝の痛み以外に、関節のこわばりや脱力感(力が入りにくい感覚)、可動域制限などがあります。
これらの症状は、特に朝起きた時に強くなります。 初期の頃は朝起きた時のこわばり感だけですが、変性の進行に伴い日中にも同様の症状が現れ始めます。

最も重要なのは、「症状進行の遅延」です。目安になるのが、膝関節の可動域になります。 つまり、関節可動域をより大きく維持することが大切です。 そのために必要なことは、もちろんアドバイスさせていただいております。


予約・お問い合わせはコチラへ!

〒580-0016
大阪府松原市上田6-8-32 シャンポール松原1F
北浦カイロプラクティック
営業時間 月曜~土曜/10:00~20:00(最終受付)日曜/10:00~18:00
定休日:不定休

icon 電話番号072-360-4470
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る


inserted by FC2 system