メイン画像

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 072-360-4470
営業時間 AM10:00 ~ PM20:00

梨状筋症候群

photo

梨状筋はお尻の深層にある筋肉です。 梨状筋の下には坐骨神経が下方へ走行しています。

梨状筋の異常(炎症や過緊張等)により、坐骨神経が刺激または圧迫を受けることがあります。
このようなケースにおいて、坐骨神経痛が自覚症状として現れます。

痛みはお尻から太ももの後面から外側、膝裏、ふくらはぎにかけて自覚されます。 お尻の痛みは鈍痛で深いところから来るような痛みであり、太ももからふくらはぎにかけての痛みはしびれ感が強いです。 足の裏に感覚異常が現れることもありますが、この場合は麻痺(感覚が鈍い)であることが多いです。

梨状筋症候群では、梨状筋が何らかの要因で過剰な緊張状態(または炎症状態)になることで、 その下側を通る坐骨神経を刺激(圧迫)することが、その発症のメカニズムとなります。

長い間椅子に座っていると足がしびれてきたりする人は、梨状筋症候群の可能性があります。 比較的、女性に多いというデータもあります。

発症のメカニズムを理解していれば、治療法はそれほど難しいものではありませんが、 梨状筋そのものの問題でないこともしばしばありますので、 その点の鑑別も根本的な症状の改善には重要となってきます。(つまり梨状筋の過緊張は二次的であるということ)


予約・お問い合わせはコチラへ!

〒580-0016
大阪府松原市上田6-8-32 シャンポール松原1F
北浦カイロプラクティック
営業時間 月曜~土曜/10:00~20:00(最終受付)日曜/10:00~18:00
定休日:不定休

icon 電話番号072-360-4470
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る


inserted by FC2 system