メイン画像

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 072-360-4470
営業時間 AM10:00 ~ PM20:00

手根管症候群

photo

仕事でも家庭でもコンピュータを使う機会が増えていますので、当院でも症状を訴える方が多い疾患の1つです。

手根管症候群は、手首や指を過剰に使うことで誘発される疾患です。 また、骨折の後遺症で現れることもあります。
手首前面に手根管と言われる部分があります。 この手根管にはさまざまな軟部組織が通過しており、それらの軟部組織の一つに正中神経があります。 正中神経の知覚支配領域は、親指から薬指にかけてであるため、 手根管症候群の自覚症状は、この部分の“しびれや痛み、感覚麻痺”となります。

症状は就寝中に悪化(夜間痛)することが多く、手の痛みやしびれで目を覚ますこともあります。 慢性化すると親指の付け根(母指球)の部分にしわが現れてきます。
これは筋肉の萎縮を意味しています。そのため親指に力が入りづらくなり、握力が低下します。

当院では、動きの悪い関節の調整、そして症状に関係のある軟部組織の調整をして改善に向かわせます。


予約・お問い合わせはコチラへ!

〒580-0016
大阪府松原市上田6-8-32 シャンポール松原1F
北浦カイロプラクティック
営業時間 月曜~土曜/10:00~20:00(最終受付)日曜/10:00~18:00
定休日:不定休

icon 電話番号072-360-4470
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る


inserted by FC2 system