メイン画像

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 072-360-4470
営業時間 AM10:00 ~ PM20:00

テニス肘

photo

テニス肘では肘の外側に鋭い痛みが現れます。悪化するとカバンを持つ時やぞうきんを絞る時にも痛みが生じます。 テニス肘という名前ですが、テニスをやる人特有の症状ではありません。ゴルフや野球、バトミントンなどの選手にも見られます。

もっとも典型的な原因は短橈側手根伸筋という筋肉の腱の変性によるものです。 変性というのは老化現象の一種ですので、加齢とともに必ず起こる現象です。 しかし、テニス肘の場合、変性が進行している状態です。 最悪の場合、変性箇所に断裂が生じます。また、患者さんの年齢は30代、40代以上となります。

肘にある関節のズレも原因の一つになります。この場合、関節の矯正により症状の軽減が期待できます。 またテニス肘と併発している症状に回外筋症候群や橈骨管症候群があります。 これらの症状のキーポイントは橈骨神経です。 従って、神経起因の問題として診ない限り結果がなかなか伴ってこないと思われます。 橈骨神経に起因する肘の痛みは、カイロプラクティックがもっとも威力を発揮する症状です。


予約・お問い合わせはコチラへ!

〒580-0016
大阪府松原市上田6-8-32 シャンポール松原1F
北浦カイロプラクティック
営業時間 月曜~土曜/10:00~20:00(最終受付)日曜/10:00~18:00
定休日:不定休

icon 電話番号072-360-4470
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る


inserted by FC2 system